歯科医師・歯科医院の分院長求人

【分院長は人気の歯科医師求人のひとつ】

歯科医師の求人のひとつに歯科医院の分院長の求人というものがあります。

一般的に分院長の求人は通常の勤務医の求人よりも給料がよいなど、待遇・条件がよいことが多く、求人を目にして気になっているという歯科医師さんもいるのではないでしょうか。

しかし、「採用のハードルが高いのでは?」、「歯科医院の経営を求められても自分にはできないのでは?」など、不安が多くて応募に踏み出せない、という歯科医師さんも多いようです。

ファーストナビでは歯科医師が気になる分院長求人について調べてみました。

分院長求人とは

分院長として働く歯科医師

【分院長にもいろいろある?】

実は、ひとことで分院長求人といっても、いくつかのパターンがあります。

そのパターンによって、どのようなことが重要視されるか、あるいは待遇や条件面にどのような違いがでるかも異なってきます。

新規出店か既存医院かの違い

分院長の募集があるということは、本院と分院がある、あるいはすでに分院があるということですが、募集している分院長が新規出店先なのか、あるいは既存医院なのかによって違いがあります。

具体的な条件や仕事内容などはどのように異なるのでしょうか?

新規出店する分院の場合

新規出店する歯科医院の場合には、分院長だけではなく、患者もスタッフもすべてゼロから集めてくることになることがほとんどです。

物件の選定等は分院長の募集の前から決まっていることが多いですが、歯科衛生士や受付、歯科助手などのスタッフの採用は完了しておらず、分院長が関わることも多いでしょう。

また、新しい医院である以上、そこに慣れたベテランスタッフがいるはずもなく、分院長としては自分なりに自由に設計できる反面、頼りになるスタッフがおらずに苦労することもありそうです。

患者についても、患者数や属性、自費率など不確定要素が大きく、なかなか歯科医院の売上なども予測できません。

そのため、売上や利益に対するインセンティブが設計しづらかったり、なかなかインセンティブによって高い報酬を得ることができないこともあります。

すでに出店済の分院の場合

すでに出店済みの既存歯科医院の分院長、つまり現在(あるいは以前)の分院長の後任としての募集求人であった場合は少し状況が異なってきます。

既存のスタッフや患者さんもすでにいますので、安心感や安定を得やすいとは言えるでしょう。

場合によっては歯科医院のことを熟知した、分院長の右腕となってくれるような歯科衛生士さんがいるようなこともあります。

しかし、ことあるごとに前任の院長と比較されたり、「この歯科医院では今までこうやってきた」、「これがこの歯科医院のやり方だ」といったように、分院長自身が新参者とみなされてしまい、なかなかやりたいようにやれなかったり、特に革新的な変化に抵抗されるケースもあります。

経営母体による違い

医療法人格かどうかというよりも、実質個人オーナーの歯科医院(グループ)なのか、ある程度チェーン化された組織かなのかによって異なる部分もあります。

個人に近いような経営母体の場合

いわゆる開業医さんが分院を出す場合、本院の院長との相談の中ですべての意思決定がなされていくことが多く、言い換えれば、オーナー(本院の院長)がOKと言えば大概のことは通ります。

例えば診療時間、休診日なども相談することが可能でしょうし、治療のポリシー、歩合給の設定なども交渉の余地が大きいと言えるでしょう。

しかし、分院展開のノウハウが多くない場合もあり、経営のサポートなどが期待したほど得られず、分院長が自分の稼ぎを出すのに苦労する、というケースもあるでしょう。

チェーン化された組織などの場合

大手の医療法人チェーンなどである場合、法人そのもののルールや価値観に従うことが求められますので、なんでも自由になるわけではないということもしばしばです。

歯科衛生士などのスタッフの採用条件なども決まっていることが多く、本部で一括採用することも少なくありません。

しかしその分、分院長としては手間が省けるところも多いですし、経営についてのサポートやノウハウの提供等も期待できることが多いと言えます。

分院長求人の条件は?

優秀なエリート歯科医師

【分院長求人は採用ハードルも高い】

分院長は、歯科医師としての技量はもちろん、院長として医院の利益を上げるという経営能力、スタッフをまとめていくマネジメント能力等も求められますので、当然のように勤務医よりも好待遇であることがほとんどです。

しかし、特に新規オープンの分院である場合などには、最初から固定給で高い給与は出さず、患者さんが多ければ歩合で稼げるように給与設定されるされるケースがほとんどです。

これは患者さんが少ないとき(分院経営が芳しくなかったとき)のリスクを誰がとるかという話にもなってくるのですが、分院長がやりたいわけではなく、好待遇の求人を探した結果分院長求人に応募してきた歯科医師と、院長であるからには結果に責任を持ってもらいたい本院・本部などのケースでは、なかなか決着せずに話がまとまらなくなることもあります。

分院長求人は多い?少ない?

分院長求人をスマホで探す

【求人数そのものはそれほど多くはない】

分院長の求人は一般勤務医の求人に比べて多いとは言えません。

しかし、特に歯科医院チェーンの新規出店等は活発であり、分院長の求人そのものがまったくないということもありません。

もちろん、ある程度の歯科医師としての経験や実績や、医院の経営・マネジメントに対する素質などが求められる分院長の求人は採用のハードルは決して低くなく、簡単に内定がもらえる求人ではないといえます。

分院長求人のメリット

女性の分院長

【女性の分院長も増えている】

分院長の求人に応募する歯科医師は、どのようね点に魅力やメリットを感じているのでしょうか。

給料・待遇

分院長の求人は一般的には勤務医の求人よりも給与条件がよく、給料を重視したい歯科医師には魅力的な求人と言えるでしょう。

また、歯科医院の利益を上げていくことで勤務医では届かない好待遇を得ることができる可能性もあり、歯科医師として経営者としての手腕に自身があればチャレンジしたいと考える歯科医師もいるでしょう。

働き方の自由度

経営母体・雇用主の方針や契約内容にもよりますが、結果さえ出せれば診療時間や休診日、新たな勤務医の採用など、やれることの幅の広さという点は勤務医にはない、分院長の特権と言えるでしょう。

将来の開業につながる

将来的には開業し、一国一城の主としてやっていきたいという歯科医師も少なくありません。

分院長は言い方を変えれば雇われ院長ですが、実際に開業する前に院長としての経験を積むことの意味合いは大きく、将来的に開業したい場合にはその成功につなげるキャリアとして選択されることもあります。

転職エージェントのサポートを受ける
★ SNSで最新お役立ち情報を受け取ろう
  • Twitterアカウントをフォロー
  • Facebookアカウントをフォロー
★ ファーストナビは歯科医師のお仕事紹介実績No.1!

登録して【ファーストナビ歯科医師限定】非公開求人を受け取る

1
1分で簡単登録

登録は4ステップで所用時間は約1分! 細かい職歴を記載する必要はありません!

2
エージェントと相談

弊社エージェントからご連絡いたします。 現在のご状況や転職のご希望条件をお伝えください。

3
ご要望にあったお仕事をご紹介

条件面のご紹介はもちろん、ご不明な点やご不安に思っていることについても ご相談させていただきます。